2005年08月20日

君子は三端を避く

『韓詩外伝』

「君子避三端」 (くんしはさんたんをさく)

君子は文士の筆端(筆の先)、武士の鋒端(刀の先)、
弁士の舌端(舌の先)――の、3つの「端」によって人と争うことをしない。

              ※※

文士の筆端(筆の先)とは知識や才能、武士の鋒端(刀の先)とは武力、腕力、
弁士の舌端(舌の先)とは弁舌巧みに言い負かすようなやり方。

才能や知識をひけらかしても、他人の尊敬は得られない。
力でねじふせても、心の中では従わない。
弁舌で言い負かしても、共感は得られない。

自重し、相手の心をつかむには、
この3つは、できればふりかざさないほうがいい。




posted by 「言葉の力」研究所 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行 ……アイウエオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

『史記』陳渉世家(しき、ちんしょうせいか) -前漢-
燕雀安知鴻鵠之志哉(えんじゃくいずくんぞこうこくのしをしらんや)

ツバメやスズメのような小さい鳥に、どうして
鴻(おおとり)や鵠(くぐい)のような大きい鳥の心がわかろうか、わかりはしない。

小人物には、大人物の遠大な志がわかるものではない。
後に楚王(そおう)となる陳渉が、日雇い仲間の
志が自分より小さいことを嘆いたことば。
posted by 「言葉の力」研究所 at 21:56| ア行 ……アイウエオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飢えたる者は食を為し易く、渇したる者は飲を為し易し。

『孟子』公孫丑・上 -先奏-
「飢者易為食、渇者易為飲」
(うえたるものしょくしやすく、かっしたるものいんしやすし)

飢えている者は、食ぺ物を選ばずどんな物でもむしゃぶりついて食べようとするし、
喉の渇いた者は、飲み物を選ばず飲もうとする。

               ※※

切羽詰れば、体裁など気にしていられない。
また、飢渇は、ときに人の判断、正邪の区別を誤らせる。

               ※※
(参考)

飢えたる者は食を甘しとし、渇したる者は飲を甘しとす

『孟子』盡心・上 -先奏-
「飢者甘食、渇者甘飲」 
(うえたるものはしょくをあましとし、かっしたるものはいんをあましとす)

※上記の言葉とほとんど同じ意味の言葉。別々の場所に、
ほんの少し、表現を変えて登場しているのだと思われる。
posted by 「言葉の力」研究所 at 21:44| ア行 ……アイウエオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一葉目を蔽えぱ泰山を見ず、
      両豆耳を塞げぱ雷霆を聞かず

『●冠子(かつかんし)』 天則 (先奏)

「一葉蔽目不見泰山 両豆塞耳不聞雷霆」 
(いちようめをおおえばたいざんをみず
りょうとうみみをふさげばらいていをきかず)
※●は曷へんに鳥の字。カツ、やまどり。

一枚の葉で目をおおうと泰山のような大きな山も見えなくなる。
2つの豆で耳をふさぐと雷鳴も聞こえなくなる。

わずかな悪心から、大きな道理を見失ってしまうことのたとえ。
「泰山」は山東省にある名山。

               ※※

ちょっとしたことで物事の真理を見誤り、誤った判断、行動をとってはならない。
小さなことを見過ごしてはならないし、兆候を軽んじてもいけない。
posted by 「言葉の力」研究所 at 21:33| ア行 ……アイウエオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新たに沐する者は必ず冠を弾き、
      新たに浴する者は必ず衣を振るう

屈原(くつげん)『漁父辞(ぎょほのじ)』 (先秦)
「新沐者必弾冠、新浴者必振衣髪」
(あらたにもくするものはかならずかんむりをはじき、
あらたによくするものはかならずころもをふるう)

髪を洗ったばかりの者は、冠の塵(ちり)をはじき落としてからかぶり、
入浴したての者は、衣服のほこりを振るってから着る。
身の潔白を守るためには、汚れたものを受け入れることはできない。

身の破滅を招こうとも、自己の信念を貫こうとする屈原のことば。
posted by 「言葉の力」研究所 at 21:09| ア行 ……アイウエオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。