2005年08月21日

剛毅木諏は仁に近し

『論語』 子路

剛毅朴訥近仁 (ごうきぼくとつ、じんにちかし)

心が強くて飾り気がなく、寡黙な人間ほど、
真の人材であることが多い。

               ※※

不言実行――という言葉がある。
ヘラヘラしている割には行動が伴わない人間の逆を言う。
黙って、為すべき事を為す――、この言葉はそういう
男子の美学を言い表しているようだ。

「巧言令色、少なし仁」の言葉と対で用いられることが多い。
posted by 「言葉の力」研究所 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 ……カキクケコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。